読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エビデンスの見え方

~CMECジャーナルクラブ非公式三次資料~ 時系列に並べたエビデンスから、垣間見えるものを模索します

喘息治療のエビデンスクロニクル

エビデンスを時系列に並べることで、何が見えてくるのでしょうか。喘息治療に関するエビデンスに関してCMECジャーナルクラブの配信記事を時系列に並べて少し整理してみます。

 

CMECジャーナルクラブとは

エビデンスの森:CMECジャーナルクラブとは

CMECジャーナルクラブ編集部ブログ:CMECジャーナルクラブとは

CMECジャーナルクラブの文献検索方法

エビデンスの森:CMECで検索してみよう

■喘息治療のエビデンスを調べる

CMEC-TV/喘息

■喘息治療薬の医薬品名から検索する

エビデンスの森;医薬品名から検索する(1)

 

2010年発表論文

Summary

①長期間作動型β遮断薬を長期間使用していると喘息関連死亡が増える?

②小児喘息では吸入ステロイドで喘息悪化が少なく、重症発作時は経口ステロイド内服で症状が改善する?

ステロイド単剤でコントロール不良であれば長期間作動型β遮断薬を追加することで症状が改善する?

 

[メタ分析]

CMEC-TV/喘息に長期間吸入薬を使っても副作用はないのでしょうか?

長時間作動型β刺激薬を3ヵ月以上使用すると、ステロイド吸入の有無にかかわらず喘息関連死亡や気管内挿管が多い

CMEC-TV/気管支喘息に対して、長期間作用型吸入気管支拡張薬は効果がありますか?

気管支喘息でサルメテロールキシナホ酸塩(長時間作用型β刺激薬)吸入を使用すると死亡率が高い

CMEC-TV/子供の喘息には吸入ステロイドと抗ロイコトリエン薬のどちらがよいですか?

小児では、吸入ステロイドはモンテルカストに比べて喘息悪化が少ない

 

[ランダム化比較試験]

CMEC-TV/家庭で喘息の発作を起こしたとき、ステロイドを飲むと症状が軽くなりますか?

普段より重症と両親が判断した喘息発作の小児に対して、プレドニゾロンを内服させると症状が改善する

CMEC-TV/吸入ステロイドで喘息のコントロールが良くないとき、どんな治療を追加すればよいですか? 

フルチカゾン吸入薬でコントロール不良な小児の喘息に対して、サルメテロール吸入薬を追加すると、フルチカゾン吸入薬の増量やモンテルカストを追加する場合よりも喘息コントロール指標は改善する

 

2011年発表論文

Summary

①長期間作動型β遮断薬を長期間使用していると喘息関連死亡が増える?

②オマリズマブの有効性に関する報告

③吸入ステロイドは喘息発作時に使用しても、大きな発作の予防効果は期待できない?

④喘息発作時にはデキサメタゾンの方が投与日数を短縮できる?

 

[メタ分析]

CMEC-TV/喘息の吸入薬は、害がありますか?

気管支喘息患者に長時間作用型β2刺激薬を投与すると、喘息関連死・気管内挿管・入院が多い

CMEC-TV/IgE抗体に結合してその働きを妨げる新しい薬で喘息はよくなりますか?

アレルギー性喘息患者に対して、ステロイドに加えオマリズマブを投与すると、喘息発作が少なく、ステロイド使用量が少ない

 

[ランダム化比較試験]

CMEC-TV/喘息発作時の副腎皮質ホルモン治療は、種類によって効果が違うのでしょうか?

2日間のデキサメサゾンは、5日間のプレドニゾンと同等である

CMEC-TV/気管支喘息の発作時に吸入ステロイド薬を使うと、大きな発作は予防できますか?

吸入ステロイド気管支喘息の発作時に使っても、通常時に使っても、大きな発作の予防効果は同等である

CMEC-TV/小児の難治性の喘息に新しい喘息治療薬は効きますか?

コントロールされていない小児の喘息患者の標準治療に抗IgE(オマリズマブ)を追加すると、喘息症状日数は少ない

 

2012年発表論文

Summary

①コントロール良好の喘息患者で気管支拡張薬を8週以内に中止すると喘息症状が悪化する?

②出生から12か月以内のアレルゲン回避で気管支喘息発症を減らせる?

 

[メタ分析]

CMEC-TV/喘息症状が落ち着いていれば、気管支拡張薬の吸入はやめてもよいですか?

喘息症状が良好にコントロールされていても、吸入気管支拡張薬を4週から8週で中止すると、QOLが低下し、喘息症状が悪化し、無症状日数が少ない

 

[ランダム化比較試験]

CMEC-TV/出生後の早い段階からアレルゲンを避けると、将来、喘息を減らせますか?

出生から12ヵ月の間にアレルゲンを回避すると、通常の予防策と比べて18歳時点での気管支喘息が少ない

 

2013年発表論文

Summary

喘息増悪時には吸入ステロイドを間欠的に使用することで増悪頻度は増える傾向にあるものの、副作用を減らせる傾向にある可能性

 

[メタ分析]

CMEC-TV/喘息に対する吸入ステロイドは毎日使用したほうがよいですか?

吸入ステロイドを喘息の増悪時に間欠的に使用すると、毎日使用した場合に比べて喘息の悪化は多い傾向にあり、副作用が少ない傾向にある

 

 

今後も配信が追加され次第更新していく予定です。また他の疾患についても作成していく予定です!