読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エビデンスの見え方

~CMECジャーナルクラブ非公式三次資料~ 時系列に並べたエビデンスから、垣間見えるものを模索します

骨粗鬆症治療のエビデンスクロニクル

エビデンスを時系列に並べることで、何が見えてくるのでしょうか。骨粗鬆症治療に関するエビデンスについてCMECジャーナルクラブの配信記事を時系列に並べて少し整理してみます。

 

CMECジャーナルクラブとは

 CMEC-TV:CMECジャーナルクラブとは

エビデンスの森:ジャーナルクラブとは

CMECジャーナルクラブ編集部ブログ:CMECジャーナルクラブとは

CMECジャーナルクラブの文献検索方法

エビデンスの森:CMECで検索してみよう

骨粗鬆症治療のエビデンスを調べる

CMEC-TV/骨粗鬆症

骨粗鬆症治療薬の医薬品名から検索する

  ▶エビデンスの森;医薬品名から検索する(6

■背景知識の整理にエビデンスの森(ビタミンD

エビ森2013-4-2ランダム化比較試験をのぞいてみよう

エビ森2013-4-3ビタミンDで骨折が多い?

エビ森2013-4-6ビタミンDはカルシウムと一緒に

ビ森2013-4-11メタ分析の結果が不一致

エビ森2013-4-22真のアウトカムで評価しているか

 

20072009年発表論文

Summary

①ビタミンDは単独よりもカルシウムと一緒に摂取した方が良い?

②アレンドロネートで骨折が予防できる?

 

[メタ分析]

2007CMEC-TV/カルシウムやビタミンDをとると、骨折を予防できるでしょうか?  

50歳以上の健常者がカルシウム、またはカルシウムとビタミンDの両方を摂取すると骨折が少ない

 

2008CMEC-TV/粗鬆症の治療薬で骨折は防げますか?  

閉経後骨粗鬆症にアレンドロネートを用いると、用いない治療に比べて椎体骨折、非椎体骨折、大腿骨頸部骨折はいずれも少なく、手関節骨折は少ない傾向にある

 

2009CMEC-TV/ビタミンDをとると、骨折を予防できるでしょうか?  

65歳以上の男性や閉経後女性ではビタミンD単独では大腿骨頸部骨折がむしろやや多い傾向となるが、カルシウムを併用すると少ない

 

2010~2011年発表論文

Summary

①ビタミンDを単独で摂取しても骨折予防効果や転倒予防効果はあまり期待できない?

②ラソフォキシフェンで骨折予防効果や乳がんリスクへの効果が期待できる可能性があるけれども…

 

[メタ分析]

2010CMEC-TV/ビタミンDを摂取すると、骨折を予防できますか?  

ビタミンDを投与しても、投与なしと比べて骨折の発症は同等である

 

[ランダム化比較試験]

2010CMEC-TV/ビタミンDをとると、骨折や転倒を予防できるでしょうか?

1回の高用量コレカルシフェロールを投与した高齢女性では、骨折や転倒が多い

 

2010CMEC-TV/新しいタイプの女性ホルモン薬は、骨粗鬆症による骨折を予防できますか?

骨粗鬆症の閉経後女性にラソフォキシフェンを投与すると、骨折や乳がんは少なく、死亡は多い傾向にある

 

2010CMEC-TV/骨折後に転倒を予防するには、どんな方法がよいですか?  

ビタミンDは高用量を投与しても転倒は多い傾向にあるが、理学療法を延長すると転倒は少ない

 

20122014年発表論文

Summary

ビタミンDサプリメントで骨折リスクは減らす傾向にあるかもしれないけれど、骨密度は増えないかもしれない?

 

[メタ分析]

2012CMEC-TV/ビタミンDサプリメントを飲むと、骨折は予防できますか? 

高齢者にビタミンDサプリメントを投与すると大腿骨頸部骨折は少ない傾向にあり、非椎体骨折は少ない

 

2014地域医療日誌2014-1-13/ビタミンDで骨は強くなりますか?

20歳以上の成人に対してビタミンDを投与してもプラセボに比べて代用のアウトカムである骨密度にほとんど差がなかった

 

今後も配信が追加され次第更新していく予定です。また他の疾患についても作成していく予定です!